Androidアプリ紹介】                   

 

 

1)「棚卸くん」    スマホでバーコードをスキャンして、簡単に商品や備品の棚卸と在庫管理を行うアプリです。

 

まずは体験版(無料)でお試しください

 

カスタマイズもご相談ください

 
         

 

 ◆主な機能◆

 

  ●スマートフォンで商品のバーコードを”ピッ”と読み込んで、電卓を使う感覚で棚卸数量をキー入力するだけの

簡単設計。(標準のカメラでJANコードの読み取りを行います。不慣れな人でも楽にご利用になれます)

 

  ●スマートフォンでその日の棚卸データを一覧表示で確認ができ、棚卸数量の訂正もできます。

 

  ●確認した棚卸データをCSVファイル形式でエクスポートできます。

   ⇒Excelなどで読み込んで本格的な在庫管理ができます。

 

  ●複数の拠点ごとに棚卸ができます。また、棚卸担当者をそれぞれ設定して棚卸ができます。

 

 

 ◆ご利用にあたって◆

   

   ◆マスターデータの登録◆

 

・「棚卸くん」アプリでは、次の3つのマスターデータを使用します。

 

拠点マスター   担当者マスター   商品マスター   

 

     ・「棚卸くん」を利用する前に以下の手順(1)、(2)、(3)にしたがって、各マスターデータの

作成・登録を行ってください。

 

※マスターデータの変更(追加・削除・修正など)の場合も、同様の手順でマスターデータの

 更新を行います。

                                                                         

   (1)パソコン側でマスターデータを作成

 

・Excelでマスターデータを作成・編集した後、CSV形式のファイルデータとして書き出します。

 

       ※各マスターデータにはそれぞれ次のデータを設定します。

 

拠点マスター :  拠点ID、拠点名

                     ※拠点IDは、「棚卸くん」の開始画面で指定する拠点のIDです。

 

担当者マスター: 担当者ID、担当者名

                    ※担当者IDは、「棚卸くん」の開始画面で指定する担当者のIDです。

 

商品マスター : 商品コード、商品名、商品規格、商品分類、販売価格

                    ※商品コードは、読み取るバーコードに設定されているコードです。

                    ※商品規格、商品分類、販売価格の設定は任意です。

 

※「棚卸くん」をインストールしたスマートフォンの内部ストレージには、<棚卸くん>フォルダーが

自動作成されています。 この<棚卸くん>フォルダーの中には<master>フォルダーがあり、

この<master>フォルダーの中に、以下のマスターデータが作成・保存されています。

 

『拠点マスター.csv』  『担当者マスター.csv』  『商品マスター.csv』   

 

       ※各マスターデータには、それぞれサンプルデータが入っています。これらのデータを参考にして

         実際に使用するマスターデータを作成してください。

 

   (2)パソコン側のマスターデータをスマートフォンへを転送(エクスポート)

 

・(1)で作成したCSV形式のマスターデータを、USBケーブルなどで接続したスマートフォン側の

マスターデータと置き換えます。

 

※置き換えられるスマートフォン側のマスターデータは、内部ストレージの<棚卸くん>フォルダー内

の<master>フォルダーにある以下のマスターデータです。

 

『拠点マスター.csv』  『担当者マスター.csv』  『商品マスター.csv』   

 

                                                                             

   (3)「棚卸くん」アプリへマスターデータを登録

 

      ・「棚卸くん」アプリが起動して最初に表示されるメニュー画面の右下にある「マスター更新」ボタンを

       押してください。

 

      ・(2)でスマートフォンに転送されたマスターデータが「棚卸くん」アプリのマスターデータとして登録され、

       パソコン側で作成・登録したマスターデータを使用した「棚卸くん」アプリを利用できます。

 

                                                                         

   ◆棚卸スキャンデータの出力◆

 

・メニュー画面から「棚卸スキャンデータ出力」ボタンを押すと、棚卸した結果のデータがスマートフォン

 の内部ストレージの<master>フォルダーの中に以下のCSVデータとして出力されます。

 

棚卸データ(年月日_拠点).CSV

 

         ※年月日と拠点は、「棚卸スキャンデータ出力」画面で指定した年月日と拠点です。

 

      ・このデータには次の内容が出力されています。

 

連番、登録日時、拠点ID、拠点名、担当者ID、担当者名、商品コード、商品名、

規格、売単価、分類、棚卸数量

 

・スマートフォンとパソコンをUSBケーブルなどで接続して、このデータをパソコン側に取り込んで、

 在庫管理システムなどの棚卸データとして活用できます。

 

 

  ◆体験版と製品版の違い◆

 

・体験版では、商品マスターに登録できる商品コードは100件に制限されています。

 

      ・これ以外に機能制限はありません。製品版と同様の機能が使用できます。